住宅ローンを既に利用しているときの注文住宅の建て方

Posted on 2020年10月15日住宅ローンを既に利用しているときの注文住宅の建て方 はコメントを受け付けていません。

住宅ローンの二重利用はできない

住宅ローンを既に利用しているときに新たに注文住宅を建てたいとなると大原則としては住宅ローンは使えません。既に大型ローンを組んでしまっているので審査が通らず、二重ローンは組めないことがよく知られています。ただ、このような状況下でも対策はできるので諦めないようにしましょう。

全額現金で用意する方法

住宅ローンを既に使用している場合に注文住宅を建てる最も単純な解決策は全額現金で用意して支払う方法です。住宅ローンを使わなければ何も問題がないからですが、ローコスト住宅であっても全額現金で負担するのは難しい場合が多いでしょう。住宅ローンを使えるようにするという方針を立てた方が合理的だと考えられます。

住み替えローンを使う方法

今まで住んでいた家から住み替えるのであれば住み替えローンを使えば問題は解決します。住宅ローンの残債に新しい注文住宅にかかる費用を加えた金額から、今の家を売った金額を引いて新しい住宅ローンに組み直す仕組みです。残債が大きいと総額が大きくなるので審査が厳しくなるのは確かですが、うまく審査を通れればすぐにでも注文住宅を手に入れられるでしょう。

繰り上げ返済してローンを組む方法

もう一つの手段としては今の住宅ローンを完済してしまって、新しく住宅ローンを組んで注文住宅の手配をする方法があります。住宅ローンは繰り上げ返済手数料を支払えば繰り上げをしてお金を返すことができます。残債に相当する現金と手数料を揃えることができれば手続き可能なので、手持ちの現金があるならこの方法も検討してみましょう。

愛知の注文住宅は斬新な家のデザインが特徴的です。カラーや屋根の素材もオリジナル性が高いためユニークなデザインの家を購入できるのです。